2012年02月15日

酒とバラの日々

最近、アルコールで少し失敗をした。

しかし私にとって、酒と煙草は無くてはならない存在だ。

大酒飲みというわけではないが、少しでも常に入れていたい衝動に駆られている。

軽度のアル中なのか?(汗)

そういえば、離婚してからだな・・・。

最近は忙しくて、ゆっくり外で飲む事はあまりしなくなった。

もっぱら、ローゼスジンジャーを家で呑んでいる。

外では殆んどビールだ。

そんな大好きな酒を初めて飲んだ日の事は、たぶん今でもよく憶えている。

遡ること・・・約25年ほど前・・・



「酒とか持ち込んでさ!ゆっくり出来そうじゃね?」

「でも、窓ガラスとかねえじゃん!相当汚いべ!」

「いいじゃん!酒と煙草がやれりゃ」

私がツレと目を付けたのは、鬱蒼と枯れ藪がひしめいている大きな空き地に、ポツリとある朽ちた空き家だった。

「そういえば、自販機でウイスキー売ってたっしょ!」

金を出し合って自販機で買った酒が、ボストンクラブとアーリータイムズ。

ロウソクも持ち込んで、電気の傘を外して逆さにし、ロウソクを立ててそのまま灰皿代わりにした。

揺れる薄闇の中、少し寒さに震えながらラッパにして二人で飲んだ。

部屋の中、吹き込んだ落ち葉と共に一冊の本が転がっていた。

かもめのジョナサン。

「俺はアーリーだな。甘い味がする。こっちのが飲みやすい」

私のバーボン好きは、この時から始まった。



いつの間にか決まったやり方。

ワイルドターキーをストレートかロック。

割る場合はフォアローゼス。

バーボン人生。

その頃、あれほど嫌っていたビールも今は大変好物で、外では殆んどビールを飲んでいる。



一人で酔いが回ると今でも何気に思い出す。



ある晴れた寒い夜。

揺れるロウソクの灯り。

アーリータイムズ。

かもめのジョナサン。

ツレの笑い声。

もうひとつ、何か見えてきそうで見えない・・・

あの晴れた寒い日・・・いったい何があった・・・

私は何をした・・・



やはり、酔いの中は心地いい。

失敗だけ、しないようにしよう・・・



  


Posted by T (agent045) at 01:58Comments(8)アイテム