2012年02月15日

酒とバラの日々

最近、アルコールで少し失敗をした。

しかし私にとって、酒と煙草は無くてはならない存在だ。

大酒飲みというわけではないが、少しでも常に入れていたい衝動に駆られている。

軽度のアル中なのか?(汗)

そういえば、離婚してからだな・・・。

最近は忙しくて、ゆっくり外で飲む事はあまりしなくなった。

もっぱら、ローゼスジンジャーを家で呑んでいる。

外では殆んどビールだ。

そんな大好きな酒を初めて飲んだ日の事は、たぶん今でもよく憶えている。

遡ること・・・約25年ほど前・・・



「酒とか持ち込んでさ!ゆっくり出来そうじゃね?」

「でも、窓ガラスとかねえじゃん!相当汚いべ!」

「いいじゃん!酒と煙草がやれりゃ」

私がツレと目を付けたのは、鬱蒼と枯れ藪がひしめいている大きな空き地に、ポツリとある朽ちた空き家だった。

「そういえば、自販機でウイスキー売ってたっしょ!」

金を出し合って自販機で買った酒が、ボストンクラブとアーリータイムズ。

ロウソクも持ち込んで、電気の傘を外して逆さにし、ロウソクを立ててそのまま灰皿代わりにした。

揺れる薄闇の中、少し寒さに震えながらラッパにして二人で飲んだ。

部屋の中、吹き込んだ落ち葉と共に一冊の本が転がっていた。

かもめのジョナサン。

「俺はアーリーだな。甘い味がする。こっちのが飲みやすい」

私のバーボン好きは、この時から始まった。



いつの間にか決まったやり方。

ワイルドターキーをストレートかロック。

割る場合はフォアローゼス。

バーボン人生。

その頃、あれほど嫌っていたビールも今は大変好物で、外では殆んどビールを飲んでいる。



一人で酔いが回ると今でも何気に思い出す。



ある晴れた寒い夜。

揺れるロウソクの灯り。

アーリータイムズ。

かもめのジョナサン。

ツレの笑い声。

もうひとつ、何か見えてきそうで見えない・・・

あの晴れた寒い日・・・いったい何があった・・・

私は何をした・・・



やはり、酔いの中は心地いい。

失敗だけ、しないようにしよう・・・



  


Posted by T (agent045) at 01:58Comments(8)アイテム

2010年12月19日

CAROL AWAY

これ、ヤバイ・・・

時代背景とか♪



いいねぇ^^



一話一話のタイトルがキャロルの曲名なのね。
これまた、ニクイ!

歌詞も載ってたりするし♪  


Posted by T (agent045) at 06:34Comments(0)アイテム

2010年02月28日

小さな小さな

とうとう出ました!
ミニチュアグレッチ。

コンビニの食玩コーナーで売っていた。



すごいねぇ~!
本物みたいだねぇ~!
しかも、グレッチを出すとはねぇ~!

また、fホールからチラリと見えるシリアルナンバーラベルが、憎いじゃないですか!



元々、ミニチュア系は結構好きだったけど、これには感動です♪  


Posted by T (agent045) at 23:12Comments(8)アイテム

2010年01月31日

Z2カフェレーサー









かっちょいー!
ナナハン・・・

キャロル解散の頃に、舘ひろしが乗っていたタイプ。



族っぽくならないトコロがセンス良い!

あ、でもこれじゃ二人乗り出来ないな(^^;







  


Posted by T (agent045) at 11:21Comments(2)アイテム

2010年01月22日

原宿ブルースカイヘブン



サングラス、皮ジャン、リーゼント、ロックンロール、表参道のレオン、セントラルアパート、ビブロス・・・



そして、カワサキ W1・・・  


Posted by T (agent045) at 00:46Comments(2)アイテム

2009年11月29日

カットオフといえば^^



クールスも♪


【携帯からYouTube】  


Posted by T (agent045) at 22:17Comments(4)アイテム

2009年10月03日

柳屋丹頂



やっぱ、コレだったよなぁ。。。

柳屋ポマードに丹頂チック、そしてエルヴィスも使ってたACEコーム。

ポマードで全体を撫で付けたら、チックで横を押さえるのよね。

どうせ崩れてくるから、また櫛を入れて髪を撫であげる。。。

油性だから、髪洗っても落ちなくってさ。

風呂上りもポマードの匂いが香ってた。

なんか、常にパサパサしてたっけ。

それでも柳屋じゃないと駄目だった。。。

踊る時やステージの時は、その上からダイエースプレーしちゃってね^^

そのうち、便利な物が発売されて。

水性ポマード「クールグリース」。

ソーダの香りも心地よく、

瓶もなかなか小洒落てた。

頭洗うとキュキキュキするの。

これスッキリ落ちるんだよな。

ただね、水性だから汗や熱に弱いのよ。

すぐ流れて目に入ってきちゃう。

何気に戦いだった、リーゼント。

それでも、いとしのリーゼント。



なんつって~(≧∀≦)




  


Posted by T (agent045) at 05:00Comments(7)アイテム

2009年07月10日

Seek satisfaction



10年以上前に、Seek君が皮ジャンに書いてくれた絵。

グレッチギターとマイクロフォンをモチーフに。

完璧。

大満足だった。

なんかこれだけで、すべてが整ったような気になった(^^;

自分のイメージにピッタリだとも・・・。

宝もの。



Seek君が書いてくれた、30インチテレビサイズ位の絵。

この頃、ブルーのタテグロに乗っていたけれど、ベルエアも好きだったので、このような絵に。

もう、これが私のベルエア♪



何かのイベントの為にSeek君が書いたものを、コピーして貰った。

しっかり、額に入れて飾っている。

だって、カッチョイイんだもん!

ほら・・・



いいでしょ♪
  


Posted by T (agent045) at 00:47Comments(10)アイテム

2009年06月03日

部屋の楽器たち



ギター左から

フェンダージャパン
テレキャスター`52バージョン
初めて買ったギター

グレッチ
6120ブライアン・セッツァー
第一期シグネイチャーモデル
夢の・・・

ノーブランド
アコースティックギター
マーチン風(^^;
知人が置いていったもの

カルロ・ジョルダーノ
SB-100ウッドベース4/4
弟が手ぶらで来た時も合わせられるようにと思い購入
因みに弟はChakiのウッドベースを所有

ケントUSA
スネアドラム
譲ってくれた人曰くグレッチの派生系

コロムビア
電気ピアノ
まだ電子ピアノなんて物がない頃の・・・あくまで電気
ピアノ線ではなく金属板を叩いた音を電気で増幅している
独特の音色でジャズ向き



最近、触っていなかったが・・・
この前、弟と音合わせをして、久しぶりに楽しかったな・・・

たまには触っておこう(^^;
  


Posted by T (agent045) at 02:40Comments(9)アイテム

2009年04月12日

原点



私がオールディーズに始まり、フィフティーズカルチャー、ロカビリー音楽に傾倒したのは、小学生の頃に見たテレビドラマに端を発する。

別にオールディーズの流れるドラマや、ロカビリアンが登場するドラマというのではない。

全然、別。

皆さん、ご存知「西部警察」(^^;

それも、再放送だったのかな。

衝撃を受けた、巽刑事。

理屈抜きに、カッコ良すぎた。

オートバイを駆り、犯人を追跡する。

その姿に圧倒された。

それが、ハーレーに乗った「舘ひろし」だった。

小学生の私は一目惚れをした。

「カッチョイ~!」

昔(`70年代)は音楽バンドをやっていたと教えられ、伊勢佐木町のハマ楽器で、そのグループのベストアルバムをレコードで買った。

その頃の私は(今もあまり変わっていないが)、世の中で流行っている物や、友達が見ているテレビ番組に一切興味の無い子供だったので、音楽といえば父親の初期ビートルズのベストか、同じく父親のフォークソングのシングルレコードコレクションくらいしか、聴いた事がなかった。

ジャケット写真にぶっとび、荒削りなサウンドに酔い痴れた。

クールス。















聞くところによると、アメリカンオールディーズのカバーナンバーが、大半を占めているとのこと。

クールスに嵌まり、原点を深く突き詰めたくなり、オールディーズの原曲を聴きまくった。

初めはチャック・ベリー、リトル・リチャード、ファッツ・ドミノ、チャビー・チェッカー、中期エルヴィスという王道ロックンロールやポップンロールから、エディ・コクラン、ジーン・ヴィンセント、バディ・ホリー辺りの初期アメリカンストレートロック、最終的には初期サン時代エルヴィス、カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、ジョニー・バーネット・トリオと、趣味の傾向はロカビリー方向に変換して、遡っていく。

また同時期に、クールスがサポートしていたキャロルというバンドも知り、オールディーズとはまた違った`70年代系ジャパニーズロックンロールにも嵌まっていく。

全く違う、クールスとキャロルの音楽的方向性。

それでも、アウトローな格好の良い男臭さは、どちらも本当にイカしていた。

トッポイという表現がピッタリ!

そこに来て、ストレイ・キャッツとの出会い。

結局、また初期ロカビリー(ピュアロカ)から、現代のネオロカへと道を違えて辿っていくこととなる。

映画もアメリカン・グラフィティやウェストサイド・ストーリー、理由なき反抗や暴力者(あばれもの)などを観まくった。

こうして、流行物を知らない少年は、時代錯誤な趣味を持ったまま中学時代を送り、後の`90年代ロカビリーブームを迎えることとなった。

でも、ロカビリーがリバイバルで流行り始めた時は、何故かちょっぴりガッカリしてしまった。

たぶん私は、`80年代フィフティーズブーム衰退後と、`90年代ロカビリーブーム到来前の僅かな隙間に、青春のキッカケを見付けたんだ(^^;






【因みに、こちらはニューヨークにあるヘルス・エンジェルスの本部に招待された時の、舘ひろし】







  


Posted by T (agent045) at 06:45Comments(19)アイテム

2008年12月16日

意思



こだわりの物には、想いや魂のようなものが宿る。

道具、時計、カメラ、ペン、アクセサリー、ライター。

物にではなく、「こだわり」に想いや魂のようなものが宿っているのかも知れない。

人間性、仕事の仕方、趣味や嗜好、飲み方や煙草の吸い方まで・・・



人それぞれの物語を彩る様々な物たち。

時としてそれはライフスタイル、そして心をも伝える品々として人生に登場する。

高価な物かどうかに係わりなく、永く使用されていたり、その物自体に初めから想いが込められていたり。



手に馴染んだ物というのは、その持主の意思を強く持っていたりする。

世代を超えて受け継がれていく、そのような物たちを私はこれまでいくつか見てきた。



また、新たな歴史を今ここに・・・「cafe emo. espresso ORIGINAL ZIPPO 1st Limited」






  


Posted by T (agent045) at 05:56Comments(20)アイテム